アタラックスはどんな人が飲むの?

アタラックスはどんな時に使用するの?その効果や特徴とは? - アタラックスはどんな人が飲むの?

アタラックスはどんな人が飲むの?

アタラックスはどのような人に向いている薬なのでしょうか。アタラックスは一般名をヒドロキシジン塩酸薬といいます。1958年から販売が開始されている薬なのですが抗ヒスタミン薬としても知られているので聞いたことがあるのではないでしょうか。

アタラックスの効果

アタラックスの効果とは下記の2つになります。

  • アレルギーを抑える効果
  • 鎮静や催眠に効果

この二つの作用が主な効果です。アレルギーを抑える働きがありますので、花粉症の薬や鼻炎薬としても使用されています。鎮静や催眠作用があるので、不眠や不安などの症状に悩んでいる人の治療に使用されます。アタラックス、これは複数の作用があるので、幅広い人が対象になるのですが、その一方でできたのは1958年なので、古い薬に入りますから副作用も強いという特徴があります。

アタラックスの特徴

hshtrsアタラックスの特徴はどのような特徴があるのでしょうか。アタラックス、一般的に言ってアレルギーによる蕁麻疹、皮膚のかゆみなどの症状をおさえる働きがあります。そして中枢神経の働きも抑えますので、鎮静効果催眠効果もあることが特徴です。不眠の人や不安、不穏な症状を抱えている人にとっても効果があると言えるでしょう。ヒスタミンといえばアレルギーを引き起こす原因になるケミマルメディエターです。ですからヒスタミンの働きを阻害することができれば、アレルギー症状が抑えられるでしょう。アタラックスは抗ヒスタミン薬にはいるのです。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬は作られた時期によって種類が二種類あります。

最初に作られたタイプは、効果が強いのですが、どちらかといえば眠気といった副作用が強く出てしまいます。しかし後からできたタイプは改良されているために、効果もあり副作用も少ないことが特徴です。

なぜこのように同じ薬でも最初に作られたものと、後で作られたものでは違いがあるのでしょうか。それは脂溶性が高い点に違いがあります。後からできたものは脂溶性が低いので、脳に移行しにくいのです。後からできたタイプはヒスタミンだけに集中的に効果を働きかけてくれますので、ほかの部分に作用することがほとんどなく、これが副作用を抑えることにもつながると言われているのです。ですから現在使用するとすれば後のタイプから使用されています。後に作られたタイプを使用して効果が現れなかった人が先に作られたタイプのアタラックスなどを使用することになるのです。

ヒスタミンをブロックすれば

rhtrsヒスタミンを阻害することは、中枢神経が抑えられて鎮静効果や催眠効果につながります。実査のところ市販されている花粉症の薬や鼻炎薬を飲めば眠気が出てくるのはこのためですし、また市販されている睡眠改善のための薬には抗ヒスタミン薬が豊富に入っているのです。アタラックス、これは中枢神経でもとても強くヒスタミンに働きかけて阻害しますので、とても優れた鎮静効果や催眠効果を発揮しているのです。眠気の副作用として言われているかもしれませんが、うつ病や精神障害がある人で眠れない、不安が強い人に対しては改善させることにつながる効果をもたらしてくれます。アタラックスは、不眠症やうつ病の治療薬としても使用されていますので、うつ病の人にも使用されます。吐き気、痛みを和らげる効果もありますので、そういった症状で悩んでいる人に対しての効果も期待できると言えるでしょう。じんましんなどのアレルギー症状がある人に対して使うだけでなく精神病やカラダの不調に悩んでいる人にも使用されるのです。
アタラックス(UCB PHARMA)の海外通販・個人輸入なら『いろはウェブショップ』 http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/atarax.html