水没したiPhoneを復活させることは可能なのか?

iPhoneが水没!データの復元などiPhoneを復活させることは可能なのか。 - 水没したiPhoneを復活させるグッズ

更新情報

サイトメニュー

水没したiPhoneを復活させるグッズ

普段の生活でつい、iPhoneを水没させてしまったなんて経験はありませんか。もし、1度でも経験があれば、データのバックアップや水没させたときの対処にどのくらいの時間や労力やお金がかかるかは、痛いほどわかるでしょう。まだ、水没経験のない人も、やっぱり水没時の対処は、すでに知っておいた方がいいのです。水没したら、なかなか調べるのにも一苦労します。

基本的な対処方法は

水没させたときの基本的な対処法は、電源を着けないことと自然乾燥です。表面が乾いても内部の機械がなかなか乾かないので、何日間かおくことになります。ビニール袋に乾燥剤と一緒に入れておくのもいいでしょう。

乾燥させるためのグッズ『リバイバフォン』

ところが乾燥するのには、時間もかかりますし、乾燥しても機械が腐食したり、細かなゴミが付着したりして、電気が正常に通りにくくなり、動作しなくなってしまうことがあるのです。
iuglifu
そんなiPhoneを復活させるグッズとして、『リバイバフォン』というものが出てきました。その使い方が驚きです。実はこのグッズは、なんと液体なのです。実は水没したiPhoneをこのグッズに浸すというのです。実は先に書いた腐食の原因になる物質を除去してくれるというのです。

その使い方も簡単です。袋にこのリバイバフォンとiPhoneを入れて、約10分後にとりだすだけです。あとは、基本的な対処法と同じように乾かすだけとなります。

最後に

このリバイバフォンにより必ずしもiPhoneが復活するとは限りませんが、試してみる価値はありそうです。また、ネットでも話題になっており、体験談や実験した記事も見つかります。万が一に備えて、リバイバフォンを用意してみてはどうでしょうか。
iPhoneを購入すると、保証がつきます。私達は、保証があるからこそ安心できるものです。しかし、その内容については、思いの外きちんと理解していなくて、障害時にがっかりするなんてこともあるのです。今一度、iPhoneの保証範囲について確認しておきましょう。

iPhoneの保証とは

iPhoneの保証は、電化製品によくえるように購入時から始まります。その期間は1年です。他の電化製品だと1年以上もあるので、それに比べると短く感じるかもしれません。
しかし、保証期間の1年もAppleCare+ for iPhoneに加入することで、実は2年に延長されます。ぜひ、安心して利用するためにも、加入してみましょう。

しかし、水没は保証対象外

保証があれば、大抵の故障も修理してもら得ます。だからといって、iPhone水没も保証で大丈夫かというと、そうではありません。保証対象外なのです。ですので、保証期間中であっても水没した場合には、実費がかかることになるのです。

AppleCare+ for iPhoneに加入していれば安くなる

その修理や新しいiPhoneに交換するときには実費がかかります。交換では20000円を越してきてます。データも復旧できない恐れがあるので、この実費は、かなり痛いと感じるでしょう。
ところが、AppleCare+ for iPhoneに入っていれば、iPhoneのバージョンによっては7800円で修理を受けれます。データは消去されますがら、費用は抑えられるのはありがたいです。バージョンによっては水没修理では、30000円を越すこともあります。

最後に

他にも保証は、修理専門のお店で対処したあとでは、きかないケースもあります。ぜひ、iPhoneの保証の範囲や水没時の対処についても、詳しく確認しておきましょう。
●おすすめiPhone水没修理サイト
水没修理 | IPhone修理の「モバプロ」

Copyright(C)2016水没したiPhoneを復活させることは可能なのか?All Rights Reserved.